花のつくり ~中1の春期講習~

中1、中2は基本的に英数国の3教科ですが、定期試験前には理社も教えています。

春期講習会も普段は3教科なんですが、先日中1の授業で「花のつくり」を授業でやりました。

なぜかといえば

アブラナがこの時期しか咲いていない からですね。

中1の理科で「花のつくり」を学ぶとき、基本となる花がアブラナです。

おしべ、めしべなどの各部分の名前も出ますし、

花弁(花びら)何枚?

おしべは何本?

といった数を答えさせる問題も出ます。

生徒たちには実際の花を観察後分解してもらい、セロハンテープで張り付けて簡単な“標本”を作りました。

今回見つからなかったのですが、「カラスノエンドウ」も用意ができたら分解をやります。こちらは作りが複雑なので、実物を見たことがある方が断然理解が早いです。

もう一つは「ツツジ」。割き始めるのは4月末頃からでしょうか。花弁が1つにつながっている「合弁花類」の代表選手としてもよく出ます。北辰テストの問題にも良く出るので、中3にも分解させようかと思っています。

みんな楽しそうにやっていました。私はたまにこうした理社の授業をやっています。

次は、社会で「世界地図」をやります。ブラジルってどこ?エジプトってどこ?など、定番の国の位置を覚えてもらいます。

彼らの知的好奇心を、機会あるごとに刺激したいものです。