言葉は人柄を表す

 トモエは今年で19年目。

 コロナのことは大変ですが、私自身はストレスが少なく、楽しく授業ができています。

 その理由は「叱ることが少ない」から。

 今年はどの学年も、常に叱らなきゃいけないような子がいなくて、大変気持ちよく授業ができます。

 もちろん、宿題を忘れたり、やるべきことをやっていなかったりで注意することはありますが、それはいいのです。本人たちもしっかり反省してくれて、次には改善した姿をみせてくれるので。

 私が厳しく叱るポイントは「言葉づかい」です。

たとえば、「あのラーメン、くそうまくね?」×

     「あのラーメン、とてもおいしいよね」〇

そう、若者特有のことばですが、「くそ」を「うまい」につけても全然うまそうじゃないんだよ!!と叫びたくなります。(苦笑)

で、目に余ると注意するわけですが、今年の生徒たちはみんな言葉づかいがきれいで、注意する機会がほとんどありません。

よって、私は気分よく授業をすることができるわけです。