ハイジのおんじを見ると 切ない

某CMでよく見るのが、「アルプスの少女ハイジ」の先生とおんじ(おじいさん)。

おんじはねえ、何か軽快に教育産業のCMやってるの見ると切ないのですよ。

 

第6話で、ハイジを育てることに決めたおんじが、村にチーズを売りに行く。

いつも通り、チーズとパンを交換しようとすると、店主が

  小麦が不作で、今回はこれしか交換できない

と、普段より少ない数のパンを提示します。それに対しておんじは

  お前は、わしが数を数えられない、字が読めないからといって 馬鹿にしているのか!

と怒るのです。

 

店主に悪気はないのですが、おんじにはそれがわからない。誰が悪いわけでもないのに…。こういうときの感情を

  やるせない

というのではないかなと思います。

 

で、そのおんじがCMに出ているのも やるせない わけです(苦笑)。余計なお世話かな。

 

ちなみに生徒たちは、

  あのおじいさん、だれ?

っていう反応がほとんどです。古いもんね~。