中3受験生、北辰テスト対策ー数学の授業

今日の中3は、北辰テストの過去問を使った、

分析と演習と解説です。

分析すなわち各問題の正答率を見比べながら、

どの問題を後回しにすべきか を察知する

ことが大切です。

とりわけ数学は、正答率5%以下の難問がたいてい3~4問入っており、これをいかに回避するかで

点数が変わってきます。

 

また、方程式の問題で

① 式を立てる問題 に正解しても、

② 答えを出す問題 で 間違うことがよくあります。

なぜなら、北辰では方程式の解x=~が、そのまま答えになるとは限らないからです。

案の定、x=40をそのまま書いてきたAさんに、

「おーい、何で警戒してないんだよ、そのまま答えになるのか検討した?」

「あ、注意してなかったです」

という会話になりました。

 

こうした「やってしまった!」という経験が、本番に行かせるとよいのですが。

今週は(木)も(土)も中3呼んで、がっつり授業します!

 

 

ための