不登校の生徒の個別指導やっています

 不登校の小中学生が24万人を超え、過去最多に。コロナ禍で、学校生活にうまく適応できなかったことなどが原因だそうです。話を聞くと、近隣の中学校などでも増えているようです。

 あまり表立って言ってませんでしたが、私はこの10年くらいの間に5人の不登校の子を指導しています。昨年度までは、平日の昼間に一人の子を教えていました。今は高校生で、たのしく通えているようです。

 他の個別指導塾は、1つの部屋に複数の生徒と複数の先生がいて、同時に授業を行っています。何というか…距離が近くて隣の話も筒抜け。意外と騒々しい。

 うちでやる場合は、ひと部屋に生徒一人、先生一人。静かな環境で落ち着いてできます。これがメリット。ただし、私の手の空いるとき、教室が空いている時間にしか授業はできません。これがデメリットかな。

 経験豊富な塾長が教えるので、授業はわかりやすいとおもいます。これが最大のメリット。

 私は身内にうつ病や発達障害の子がいて、様々な症状、特性に理解があります。これもメリットかな。

 出来得る範囲で力になりますので、関心のある方はご連絡ください。