阪急電車

 

みなさんは「群像劇(ぐんぞうげき)」という言葉を知っていますか?この物語のように、主人公が一人ではなく複数いて、最初はまったく別の話だったいくつかのエピソードが、いつの間にか一つにつながっていく・・・それが群像劇です。これはその傑作。
映画も好調の「図書館戦争」の作者である有川さんの文章は大変読みやすく、読書が苦手な人にもオススメです。恋愛要素もあるので、中学生女子はぜひ読んでみましょう。もちろん、男が読んでも面白い!

(中学生以上向け)

有川(ありかわ)浩(ひろ) 著






【当塾には800冊を超える本があり、いつでも貸し出しをしています】

 

2020年6月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930