~自分を知る、人に頼る~

 2019年から、近隣の療育施設で発達障害のある子供たちに勉強を教える機会を得ました。私の息子も発達障害であり、こうした仕事に関われることは嬉しいことでした。みんな、かわいいですしね。

 施設の利用にあたって、私たち保護者は役所に申請に行くのですが、そこでいくつか書類を書くことになります。利用目的の〔例〕に「自立することを目指して~」と書いてあり、私も似たようなことを書いた覚えがあります。

 先日、ビジネス向けのメールマガジンの一つに「自立とは頼ること」という文章があり、なるほど、そうだなと思いました。

 すなわち、自立とは「人に頼らなくなる」ことではない。むしろ「頼れる人を増やしていくこと」だと。困りごとを解決するには「助けて」と頼れる人が多いほど、人は生きていける、というわけです。

 よって自分の弱点、苦手なことを知り、「助けて」と人に頼ることが、無理なく生きていくために必要なスキルなのだと思います。もちろん、常に感謝の言葉やお返しを考え、助けてもらうことを当然と思ってはいけないですが。

 これは私達、あらゆる人間に共通する考え方だと思います。社会で他者と繋がって生きていく以上、その繋がりを「面倒臭い」と遠ざけるのではなく、「いてくれて助かった」と思える、より良いものに育てていく力が必要だと思います。

 

2021年4月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930