コンテンツ

プリント学習システム(eトレ)

プリント学習システム(eトレ)

新しい単元を理解するのに、時間がかかる生徒もいます。また、以前学習したことを忘れてしまう生徒もいます。そんな生徒のために、「同じような問題(類題)を繰り返し演習する」システムを導入しました。それが「eトレ」です。
科目も英数国理社揃っているので、定期試験や苦手科目の補強に役立ちます。
小学校低学年のeトレでは、算数と漢字を中心に、基礎固めを行います。
どんどん先取りして、上の学年の問題を解いている生徒もいます。

ケース1  中学3年生A君

A君は中間・期末試験の勉強に、eトレを活用しています。トレーナーの先生に「世界恐慌」あたりのプリントが欲しいと頼むと、すぐに欲しい単元の問題がもらえます。「家でも仕上げの問題として使う」ので、大量にプリントをもらって帰ることもしばしばです。

ケース2  中学1年Bさん

Bさんは数学が苦手。文字式の計算で苦労していましたが、「自分のペースでやればいいよ」「よくできたね!」とトレーナーに励まされながら、次第に計算ができるようになってきました。同じような問題を、教わった通りの式を書いてコツコツ解く。すると「いつの間にか、できるようになった」と本人も自信を付けました。

ケース3  小学4年生 C君

入塾当初は字がぐちゃぐちゃで読みづらい字を書いていたC君ですが、3ヶ月くらいすると書くのが速くなり、字も読みやすいものに変わっていきました。小学生の場合、字が読みづらいのは「書くことの練習不足」が原因で、書き慣れていくと、自然に良い字に変わっていきます。
学校より先に塾で新出漢字を習っているため、漢字を覚えられるように。「漢字テストで満点取った!」とにんまりして報告してくれました。